<< 蘭の会月例詩集7月「クリーム」 | main |

蘭の会2011年10月月例詩集「ゴミ」




再燃  
ダストボックス  
ゴミたちとゴミでないものたち  
スモーキーマウンテン  



























再燃

http://home.h03.itscom.net/gure/eme/
九鬼ゑ女
 

死んだふりをしていた
突然おでこを舐められた
ざらっとした舌
驚いてまぶたを開いた
猫がいた
白と黒のぶちだった
自分の顔を撫でまわしながら
大あくびをしていた

知らんぷりしてまた目を閉じた
今度は胸をつつかれた
ツンツンとした手
再びまぶたを開いた
鴉がいた
よく肥えた奴だった
覗きこむ金色の瞳が野獣のようで
ちょっとびくついた

知らんぷりしてまた目を閉じた
唇に生温かな液体の滴り
またまたまぶたを開いた
若い男がいた
排尿をしていた
男のモノがちらっと見えた
すぐにまぶたを閉じた

死んだふりというのは嘘だ
実は…私はゴミなのだ

“燃えるゴミ”なのか“燃えないゴミ”なのか
どちらかわからないので
何日も前から放置されたままになっている

身体はすっかりヨレヨレになってしまったけれど
近頃は心が熱くたぎることがある
男のモノを見たからじゃない
訳はわからない
わからないけれども、モテアマス

いつになったら収集車は来るのだろう

沸点になる前に処理してもらいたいのにな

up ↑


















ダストボックス

宮前のん
 

さっきまで
あなたの中に居た命の元は
私の口の中に入って来て
ティッシュに出されたとたん
ただのゴミになった

本来なら
あなたの命の元と
私の命の元が合わさって
新しい命になるはずが
なぜかゴミ箱の中ね

生殖を目的としない行為は
どこか残酷で滑稽ね
快楽は行為を誘うエサのはずが
エサだけ盗られたワナのよう

ワナにはまったのは
どちらなのかしら ふふ
ゴミみたいに捨てられないよう
どうぞ気をつけてね

up ↑


















ゴミたちとゴミでないものたち

佐々宝砂
 

切ればゴミ髪も小指も恋人も


***


<ゴミラの消失>

ゴミラは疲れてしまった。
うつむいて
とぼとぼと茶色い海辺をあるいた。

テトラポットが陽気な声で
「あたしはゴミじゃないわよ」と言った。
でもゴミラは知っていた、
テトラポットはゴミラの眷属だ。

ゴミラはやる気満々で生まれてきたのだ、
東京タワーを壊さなくちゃとおもった、
国会議事堂も壊さなくちゃとおもった、
だけど東京タワーはゴミだったし、
国会はゴミラよりゴミらしいモノでいっぱいだった。

ゴミラはなにをしたらいいかわからない。
砂浜にしゃがみこんで
涙しながら
きぐるみを脱いだ。

なかから出てきた裸のなにかが
ゴミなのかそうでないのか、
私は知らない。

ともあれゴミラはもういないのである。




<流すゴミと燃えるゴミ>

剃り落としたムダ毛って、
燃えるゴミなのかしら?
燃えるには燃えるわよね、毛なんだもの。
だけど私はそれをシャワーで洗い流す。
ムダなものは流れちまえばいいのよ。
ボウフラだのナメクジだの、
下水に住んでるなんやかやが、
私が捨てた私の一部をきっと食べるでしょう。

私の言葉も、
考えようによっては流すゴミだわね。
情報って、燃やせなくて、
ただ、流れてゆくだけ。

燃えるゴミになるのは私。
今のところまだ燃え尽くしてはいないけど、
そのうちいつか、
気持ちよく全部燃えてなくなる。
髪の毛も皮膚も骨も内臓も、
つまらない詩想も、
平凡な夢も、
もちろん、
私をいつも悩ませてきたこのムダ毛も。

ある日、きれいに燃えてなくなる。


***

ラジウムがほのかに光るゴミ塚にからだ預けてねむるイキモノ

up ↑


















スモーキーマウンテン

伊藤透雪
 

おかあさんがしんじゃって しばらくしたら
おとうさんはでていったまま
いくらまってもかえってこないの
おにいちゃんとわたしだけで
しばらくしたら
おおやさんに おいだされて
おにいちゃんと とぼとぼあるいたの

よるがきたら せまいみちのすみっこで
ふたりでくっついたまますわって ねむったの
どうしたらいいんだろう
おにいちゃんもわたしもだまってた
でもね おにいちゃんのて
ぎゅっとにぎってあったかかったよ

それからわたしはみちで
おかねをくださいとおねがいして
おにいちゃんはゴミのやまにいったよ
ゴミのやまにたからものがあって
おかねにかえてくれるんだって

10ペソのおかねをもって
かえってきたおにいちゃん
てをつないでパンをかいにいったの
ちいさいパンひとつしか かえなかったけど
ふたりでわけて ゆっくりたべたよ
すこしだけおなかがあったかくなった

やねのないおうち
ゆめのおうちを みちでゆめみて
そらをみながらねむるの
おほしさまがみえるよ

それからね
おにいちゃんが あしにけがをしちゃったの
ガラスのなかにあしを いれちゃったんだって
わたしたち はだしだからね
でもおいしゃさまにもいけない

しばらくして
しらないくにのおばさんが
おにいちゃんにサンダルをくれた
でも
ゴミやまにいかないと
おにいちゃんはおかねをもらえない
わたしががんばってはたらいて
くつもほしいけど
おなかいっぱい たべたいな

おとうさん どこにいったのかな
おかあさん さびしいよ

up ↑



















2011.10.15発行
(C)蘭の会
編集/佐々宝砂

| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://poem.orchidclub.net/trackback/3

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--